Izzie Rose

バッグの作り方

ロックミシン:輪の縫い方(袖口や裾)

ロックミシン糸取物語で裾や袖口などの輪を縫う方法

ロックミシン「糸取物語」でニットソーイングを始めました。ロックミシンって空環を出してから、布を押さえの下に少し入れて縫い始めることは知っていましたが、袖口や裾みたいに輪になっているところはどうやって縫うんだろう?

ロックミシンで袖口や裾のような輪をきれいに縫う方法を実験してみましたのでご紹介します。

ロックミシンで輪を縫う:縫い始め

初めてロックミシンで服を作ってみてぶつかった壁は「どうやって縫ったら縫い代1cmになるの?」でした。これに関しては、いろいろ実験してみて発見がありました。興味がある方は↓からチェックしてみてください。

そして、次にぶつかった壁は「ロックミシンで輪になってるところってどうやって縫うの?」でした。服には袖口、裾、襟周りなど、輪になっているところがたくさんあります。平らな部分(輪になっていない部分)なら、布端から縫っていけばいいのですが、輪になっているところはどこから縫えばいいんだろう・・?

いろいろ調べたところ、やり方は人それぞれなようで、決して「正解」はないようでした。ということは、わたしが一番やりやすい方法をみつければいいのね、ということで、さっそくいろいろ実験してみました。

まず最初にやってみたのは、斜めに入って、斜めに出る、という方法。メリットはとにかくスピーディー!デメリットは縫い始めと縫い終わりの重なった部分が「く」の字になってしまうこと。さらに、布をカットしながらだと、縫い始めに勢い余って、縫い代を超えて、布の内側のほうまでカットしながら縫ってしまいます。スピードが速すぎてコントロールが効かず「うわぁ〜〜〜ぎゃぁ〜〜〜あぁ〜〜〜〜!」と叫びながらの一か八かソーイングになってしまいました。

そこで、縫いはじめに関しては、面倒ですが、「押え金をあげて、布を針の下にもぐりこませ、針を落として、それから縫い始める!」という方法を取ることにしました。そんなの直線ミシンと同じ・・・なわけですが、ロックミシンって、押えの下に布を滑り込ませるのがちょっと難しい・・。

押え金をあげたら、布を下にもぐりこませて、メスの左側に当たるところまで布を移動させます。それから針を下ろして、押えも下ろします。ここから縫い始めですが、さて次は、メスで布カットしながら縫うのか、メスロックして布カットしないのか、で悩みました。

ロックミシンで輪を縫う方法 メスの左側に布が当たるように

まずは、メスで布をカットしながら縫うことにチャレンジしてみました。

ロックミシンで輪を縫う:メスで布カット編

布の上に針を下ろしてから、少しだけ布をカットしながら輪を縫ってみました。その結果がこちら↓

ロックミシンで輪を縫う メスで布カット編

残念ながらキレイな縫い目とは言えない仕上がりになりました。最初と最後の縫い重なるところをよく見ずに、同じ幅でカットし続けると段差ができてしまいます。上の写真でなんとなく縫い終わりあたりがえぐれているのがわかりますか?縫い重なっても同じ幅でカットし続けたので、りんごの皮剥き状態で、段差ができてしまいました。縫い重なったところですぐさまメスロックにしないといけないようです。

さらに、最後、ロックミシンから布を離すときに、斜めに縫い出たため、「く」の字になってしまいました。これは最初にやった「斜めに入って、斜めに出た」ときと同じで、布を斜めに引っ張りながら縫うので「く」の字になるようです。

この方法だとキレイに縫えないので、次はメスロックして布カットなしで縫ってみました。

ロックミシンで輪を縫う:メスロック編

次は、布カットなしで、メスロックで輪を縫ってみました。縫い始めはさきほどと同様、布を押えの下に入れて、針を落としてからスタートしました。布端がメスの左側(↓写真の赤い線)に当たるように縫っていきます。

ロックミシンで輪を縫う:メスロック

メスロックで輪を縫った結果は↓です。

ロックミシンで輪を縫う方法:メスロック編

メスロックした左側のほうが、さきほどの布カットしたほう(右側)よりキレイに縫えています。今度は、縫い終わりのとき、縫い始めと少し重ねて縫ったあとに、針と押え金をあげて、布を後ろにひっぱって外しました(斜めに縫い逃げると「く」の字になってしまうので)。(あと、縫い重なる直前で、最初の空環をカットしておきました。)

あまりひっぱると針が折れそうだったので、2目ほど縫って布を外しました。ぎゅーっと後ろ側に布をひっぱって押えから完全に離したところで空環を作ってもいいそうですが、それをやると針が後ろにひっぱられているからか、ペダルを踏むと針が何かに当たって折れそうな音がしました。布を後ろにひっぱった後は、慎重に2〜3目プーリーを回してからペダルを踏んだほうがよさそうです。(針折れ恐怖症です。汗)

ロックミシンで輪を縫う:縫い代

輪を縫う場合、メスロックで、布カットせずに縫ったほうがきれいに仕上がることがわかりました。

では、メスロックのとき、縫い代つけはどうするのでしょうか?

布カットしないということは、かがり幅がそのまま縫い代になるので、かがり幅が7.5mmなら縫い代は7.5mm、かがり幅が5.5mmなら縫い代も5.5mmになります。

0.5mmなんて精度で縫い代をつけられないので、実際は5mmか7mmの縫い代をつけることになると思います。とくに5mmは、方眼定規にもメモリがあるし、簡単に縫い代をつけられそうです。厚地の生地の場合は7.5mmのかがり幅にするそうですが、わたしが持っている厚地の服では5.5mmのかがり幅になっているので、よっぽど分厚くないと7.5mmは使わなくてよさそうです。(ということは、かがり幅ってほぼほぼ5.5mmに固定でよさそうですね。)

まとめ

ロックミシンで裾や袖口、襟周りなどの輪を縫う場合は・・・

● 縫い始め:布の上に押え金と針を下ろした状態で縫い始める。

● 途中:メスロックした状態で縫い進む(縫い代は、かがり幅と同じにしておく)。縫い重なる直前に、最初の空環をカットする。

● 縫い終わり:縫い目が最初の縫い目と数センチ重なったところで押えを上げて布を後ろにひっぱり、押さえを下ろして、プーリーを回して2〜3目縫ってから、ペダルを踏んで空環を作る。

ロックミシンで輪を縫う方法は人によってさまざまなようですが、わたしは↑の方法が一番キレイに仕上がりました。

さ〜縫い方が決まればあとはどんどん作品を作っていくぞ〜〜!と思ったけど、その前に・・・もうひとつ気になっていたことが・・・。ロックミシンを購入したときに付属品としてついていた「ニット用裾まつり押え(裾引き押え)」ってなんだろう?

実際にニット用裾まつり押えを使って、屏風たたみ縫いとの違いを検証してみました。興味がある方はご覧ください。